ものの見方

私にとって1型を発症した事は、自分にとってマイナスな事でしかなかった。

仕事、恋愛、生活、全てにおいてマイナスだった。



そんなマイナスの部分を、そんな風に受け取ってもらえるんだ‼
って事が、前の会社にいた頃にあった。


異動があって今まで挨拶しかした事がない、10歳くらい年下の男性職員と同じ課になった時に、1型の事をお話させて頂いた。

会社の人全員に話さなくてもいいと思うけど、とりあえず面接の時と、課が同じとか近い人には話すようにしている。

で、彼にも1型の説明をし
「1型って事で、心配になったり不安に思う事もあるかもしれないけど、何か疑問とかあったら何でも聞いて頂ければちゃんと答えますから聞いて下さい。」
と、最後に言ったら

その方は
「何の心配もしてないですよ。そうゆう人(病気持ってる人)は、自分(病気を持ってない人)なんかより色々気を付けてしっかりしてると思ってるので、何の心配もしません」

って言って下さいました。


はぁ~‼

私にとってはマイナスの部分だった1型が、
彼からみると、それゆえしっかりしてる人になる。

全くの真逆になるんだなぁ って驚いた‼


そして、そんな風に感じて下さる方がいるなら、それに応えるとゆうか・・・
裏切らないように、頑張ろうって思いました。

その会社は離れちゃったから、その彼とももぅ会う事はないけど。


1型とゆう、私にとってはマイナスでしかない部分を(少しずつはマイナスでなくなってきてるけどね(^-^;)、ブラスに考えてもらえるんだ‼ってブラスに変えてくれた人でした。


スポンサーサイト

きょうだい

有名人の訃報を聞いて一番ショックを受けました。

小林麻央さん。

海老蔵さんの会見やブログでのお子さんの様子を目にする度に、やるせない気持ちでいっぱいになります。


そして一番気にかかるのが、姉麻耶さんの事。

どうしても・・・
お兄ちゃんが亡くなった時の自分とリンクしてしまいます。


麻央さんのご冥福を願うと共に、ご家族が無理されないで過ごせるよう願うばかりです。



カメラ




ずっと
やりたい‼
って思っていたカメラを、最近始めました。
写真もちょこちょこアップできたらいいな(*^.^*)


過食症 おさまったわけ・2

自分が過食症かと疑い始めてから、摂食障害の方の本を何冊も読んだ。

そして摂食障害を克服した方が必ず書かれていた事。

それは、「周りの方の愛情に気がついた時に、それが治まった」書き方は若干変わるかもしれないけど、代々がそんな感じ。

それを読んだ私は、なんだそれ?
って正直意味がまったく分からなかった。

きっと、ちゃんと
親にもお兄ちゃんにも、かわいがわれて大切に育てられていたんだとは思う、今はね。本当にそう思う。

でも、その頃の私は自己否定の固まりで
自分を責めまくっていた時期だった。

愛ってゆうものも何が愛なのか分からない。
分からないから、愛情を感じたから克服できたなんて・・・そんなの信じられなかった。


だけど


色々な事を経験していくうちに、
自己否定をする自分が少なくなっていくうちに
(まだまだしてる時もあるので(^-^;)
少しずつだけど

私も大切にされてるんだ、されてたんだ・・・
って思うようになってきたら
(まだ愛って言葉を使うには、私はそれを理解できてない気がするので使いません)

過食はしなくなっていました。




きっと・・・
愛されていても大切にされていても、
何かの理由で、それを感じられなくて
自分を責めたり否定したりして、
かなしい、さみしいって気持ちが大きくなって心に穴が空いていると、別の事で穴を埋めようとするんだろうな。

その別の事が私は過食って事だった。


自分を大切に思ってくれる人がいる
って、ちゃんと無意識で感じられてる人ばかりではないと思う。
私もそうだったから。

でも、必ずいるんだよね。
誰にでも必ず、あなたが大切だって思っている誰かが。


それが2つめの理由です


ひさしぶり

ここ数ヶ月、ログインできない状態でしたが、やっとログインできました。良かったぁ(*^.^*)

がっ・・・

A1cの方は、なんだかだだ上がり中。
こちらもひさしぶりに二桁代に( ̄ー ̄)


元気ではありますが、今はなんとなく元気ない(>_<)


思いがけず・・・

人生って思いがけず色々な事が起こるわけでして(^-^;

去年の11月頃から職場が、どうにもならない状態になってきて、12月頃からはご飯が食べられなくなり、尋常じゃないストレスからA1cも一気に上がり、主治医からは「安定剤出そうか?」と聞かれる始末。

その内人生初の過呼吸も( ̄ー ̄)


これ以上ここにいたら壊れるかなぁ・・・
と考え1月で職場を離れました。


そして3月から新しい仕事が決まり、新しい生活が始まりました(〃^ー^〃)

・・・仕事の場所自体は前と一緒。
会社も仕事の内容も仕事をする場合も全然違うけど、建物自体は同じで、診察もここで受けている私にとっては、正直助かる。

面接で1型の事を話したら
「診察は仕事中に受けちゃえばいいんじゃない」
と快く言って頂き、有り難い気持ちでいっぱいです。
恩返しの気持ちも込めて、仕事張り切ろう‼って思います(*^^*)


722

6日前、突然ポンプの画面が真っ白になり、インスリンが流れなくなりました😣

サポートセンターに電話して、また動くようにはなったけど、動かなくなった原因か特定出来ずに、また同じ事が起きたら不安とゆう事でポンプを交換する事になりました。


712から722へ

今のポンプの交換っていったら、サップへの交換が主流なんじゃないかなぁ・・・
なんて思いつつ、ずっと希望していたピンクのポンプと、画面に出る時刻の表示に感動している今日この頃です(*^^*)


自己受容と自己決定

今年1年間、いつか何かの役に立てば・・・と思って心理学系の勉強をしています。
聴く事を身につけ、スキルも上げたくて。


その講座も後半戦に入りましたが、まぁ必ずどの先生の講座でも出てくるのが自己受容。


誰かの話を聴けるようになるには、他者受容を出来るようになるには、まずは自分。
自分自身を受容できない事には、人を受容は出来ない。


まずは、自分。


ん・・・分かってはいるけど・・・
自己受容
大変な作業です。

受容の前に、ありのままの自分をまずは認めなきゃならないし。
そう、ありのままの
って言葉も多く出てきます。


そして、2日前の講座はアドラー心理学とゆうものを学んだのですが、これがまた厳しいんだけど刺さってくる内容でした。

全ては自己決定
起こる事は自分で決定している、と。


他にも刺さる事はあったけど、ここが一番きました。

アドラーは当たり前の事を言っているだけだそうですが、その当たり前の事がなかなか出来ないんだなぁ・・・と感じました。



こうゆう事をしたい。
って夢を叶えるために、まずは、まだ出来ていない部分の自己受容をやっていかねば‼


アドラー曰く、死ぬ1、2日前までは人間変わる事は出来るそう。
ただ・・・それには自発的かつ自覚的心理と、大変な努力が必要だそうです。


自己受容出来るように変われるよう、出来る事をやっていこう。


ショック

今まで知らなかった亡くなった兄が抱えていた思いを、ひょんな事から今日偶然知る事になり・・・
兄の事では久々にかなりのショックを受けました。


私には弱音を言わなかった兄が、あんな思いを抱えていたなんて・・・

ん・・・
これをどぅ受け止め消化するか・・・


嬉しい気遣い

先日、遠く離れている友達が仕事の休みを利用して、色々なお土産を持って会いに来てくれました(*^^*)

お土産の中に、すっごく美味しいリンゴジュースもあって、瓶が割れないように新聞紙で包んであったんだけど、うちの母。
大の新聞好きで、旅行に行くと地元の新聞を買う母が、これを喜ばないわけがなく、めったに読めない場所の新聞に大喜び(^o^)

それを友達に伝えると・・・

ちょうど時期的に辛い新聞記事が多くて、それだとちょっと悲しい気分になってしまうかも・・・
なので、その新聞は避けて、今彼女の地元で盛り上がっているお祭りが取り上げられている新聞を選んで包んでくれたとの事でした。


そんな気遣いしてくれてたんだ(*´∀`)
と、彼女の優しい気遣いに私も母も感激‼


いつも回りの事を気遣かって、見えない所で優しくしてくれる彼女と知り合う事が出来、改めて出会いに感謝です(*^^*)